山陰観光ガイド

後鳥羽上皇御火葬塚


後鳥羽上皇御火葬塚
■施設名
後鳥羽上皇御火葬塚(ごとばじょうこうごかそうづか)

■所在地
島根県隠岐郡海士町中里

■電話番号
08514-2-0101
海士町観光協会

■コメント
1221年の承久の乱で、鎌倉幕府倒幕の兵をあげ敗れた後鳥羽上皇は、隠岐に配流となり、19年間を隠岐で過ごして延応元年(1239)に60歳で崩御した。遺体はこの地で荼毘に付され、遺骨の一部は京都に持ち帰られたが、その他の遺骨は廟殿に納められた。明治6年に明治天皇により、大阪の水無瀬神宮に合祀され、明治7年に祠殿は取り壊された。以降、後鳥羽上皇御火葬塚として宮内庁が管理している。近くには天皇に縁の隠岐神社や、代々墓守を務めている村上家がある。

■料金
塚の見学は自由
資料館は有料※冬季休業



■施設番号
9213
■カーナビマップコード
■関連HP


山陰まちナビTOP
遊悠MAPモバイルTOP
米子まち歩きモバイルTOP
神仏の通ひ路ルート
水辺ルート
施設名一覧で検索
山陰観光ポータル
中海・宍道湖・大山圏域観光連携事業推進協議会