山陰観光ガイド

島後(どうご)



■名称
島後(どうご)

■コメント
隠岐諸島の北東端に位置する群島最大の島で、直径が約20kmのほぼ円形に近い火山島。全体が大山隠岐国立公園となっている。周囲の海岸全域は白島海岸屋那の松原をはじめとする景勝地が連続し、島の中心部には最高峰の大満寺山(608m)をはじめとする500m級の山並みが連なって、山麓にはオキシャクナゲやオキフウランといった植物や動物が独自の生態系を残している。また水若酢神社玉若酢命神社などの古社が祀られ、牛突きや古典相撲、蓮華会舞、御霊会風流、武良祭風流といった独特の伝統芸能や文化を今に伝えている。平成16年には 4ケ町村が合併して、島後をひとつとする隠岐の島町が誕生した。


■施設番号
9003
■カーナビマップコード
■関連HP


山陰まちナビTOP
遊悠MAPモバイルTOP
米子まち歩きモバイルTOP
神仏の通ひ路ルート
水辺ルート
施設名一覧で検索
山陰観光ポータル
中海・宍道湖・大山圏域観光連携事業推進協議会