山陰観光ガイド

龍源寺間歩(りゅうげんじまぶ)



写真
■施設名
龍源寺間歩(りゅうげんじまぶ)

■所在地
島根県大田市大森町二183

■アクセス
JR大田市駅よりバスで約28分〜大森下車⇒徒歩約40分

■電話番号
0854-89-0347

■休 日
年末年始

■営業時間
9:00〜17:00(12月〜2月までは9:00〜16:00)

■コメント 
龍源寺間歩(りゅうげんじまぶ)は、幕府直轄の鉱山「御直山」(おじきやま)五ヶ山の一つ、現在では唯一見学できる間歩となっています。間歩とは坑道のことで、龍源寺間歩は全長約600メートルの内の半分程度の距離まで公開されており、坑道の壁面に残っている当時のノミの跡も見ることができます。龍源寺間歩は1715年に開発された後、良質の銀鉱石が1943年までの228年間掘り続けられました。また、1969年には「石見銀山遺跡」として国の指定史跡(文化財)に指定されました。

■料 金
個人一般400円/小人200円
団体一般300円/小人150円
障がい者一般300円/小人150円
※障がい者及びその介助者(障がい者1名につき1名)


■遊悠施設番号
7208
■マップコード
599 051 531
■関連HP


山陰まちナビTOP
遊悠MAPモバイルTOP
米子まち歩きモバイルTOP
神仏の通ひ路ルート
水辺ルート
施設名一覧で検索
山陰観光ポータル
中海・宍道湖・大山圏域観光連携事業推進協議会