山陰観光ガイド

大森代官所跡(石見銀山資料館)



写真
■施設名
大森代官所跡(石見銀山資料館)

■所在地
島根県大田市大森町ハ51-1

■アクセス
JR山陰本線大田市駅から(石見交通大森行き)バスで約26分−(大森代官所跡)下車すぐ

■電話番号
0854-89-0846

■休 日
年末年始(12月29日〜1月4日)
特別展の前後

■営業時間
9:00〜17:00(最終入館は閉館の30分前まで)

■コメント 
石見銀山資料館は、明治35年に建てられた邇摩郡役所をそのままに利用しています。昭和51年に地元有志が資料館として開館し、世界遺跡にも指定された石見銀山の調査研究や鉱山の資料、奉行代官資料などが収集展示され、石見銀山の歴史を身近に学ぶことができます。庭には枯山水が造られていて、春は梅に桜、初夏は藤にツツジ、秋には紅葉を楽しむこともできます。石見銀山は戦国後期から江戸前期にかけて日本で最大の産出量を誇った銀山で、全盛期の17世紀前半には世界の産出銀の3分の1を占めたともいわれているほどの銀山でしたが、江戸中期から産出量が減少し始め、大正12年には休山、昭和18年には完全閉山となりました。

■料 金
一般:大人500円/小人(小中高生)200円
団体(20名以上):大人400円/小人150円
障害者(手帳保持者):大人300円/小人無料


■遊悠施設番号
7203
■マップコード
599 144 210
■関連HP


山陰まちナビTOP
遊悠MAPモバイルTOP
米子まち歩きモバイルTOP
神仏の通ひ路ルート
水辺ルート
施設名一覧で検索
山陰観光ポータル
中海・宍道湖・大山圏域観光連携事業推進協議会