山陰観光ガイド

城名樋山



写真
■施設名
城名樋山(きなひやま)

■所在地
雲南市木次町里方

■アクセス
・自動車/三刀屋木次IC(松江道)より約10分
・電車/JR松江駅⇒JR木次駅、所要約60分

■電話番号
0854-40-1054
雲南市観光協会

■コメント
雲南市木次町と加茂町の境、妙見山の隣に位置する城名樋山(きなひやま)は標高およそ100mの山で、「出雲国風土記」の中に「大国主命(おおくにぬしのみこと)が兄弟である八十神(やそがみ)を討とうとしてこの山に城砦を設けたことから城名樋山と名付けられた」と記載されています。日本で初めて造られた山城であると言われており、山頂には古井戸や巨石が残されています。現在は遊歩道が整備され、山頂は桜の公園で、桜の木々の間から斐伊川や三刀屋川、木次や三刀屋の街並みが見えます。


■遊悠施設番号
6306
■マップコード
134 198 823
■関連HP


山陰まちナビTOP
遊悠MAPモバイルTOP
米子まち歩きモバイルTOP
神仏の通ひ路ルート
水辺ルート
施設名一覧で検索
山陰観光ポータル
中海・宍道湖・大山圏域観光連携事業推進協議会