山陰観光ガイド

三沢城跡(みざわじょうあと)



■施設名
三沢城跡(みざわじょうあと)

■所在地
島根県仁多郡奥出雲町三沢384-1

■電話番号
0854-54-2260奥出雲町観光協会

■コメント 
1305年、三沢氏の居城として開祖為長(為仲)によって要害山に築城された山城。三沢氏は、鎌倉〜戦国時代に14代280年に亘って奥出雲の地で勢力を誇っていました。山全体が要塞化されていて、頂上の本丸を中心に各尾根には郭が設けられ部分的に堀切や土塁も見られます。標高418.5メートルの突出した独立山はまさに自然の要害を利用した城で、中世山城の代表的なものとして島根県史跡文化財の指定を受けました。戦国時代に奥出雲町横田の藤ケ瀬城に居城を移すまではこの場所が仁多郡の中心地であり、東麓の三沢の町には三沢氏の菩提寺とされる蔭涼寺が現存しています。


■遊悠施設番号
6275
■マップコード
388 730 293
■関連HP


山陰まちナビTOP
遊悠MAPモバイルTOP
米子まち歩きモバイルTOP
神仏の通ひ路ルート
水辺ルート
施設名一覧で検索
山陰観光ポータル
中海・宍道湖・大山圏域観光連携事業推進協議会