山陰観光ガイド

可部屋集成館



可部屋集成館
■施設名
可部屋集成館(かべやしゅうせいかん)

■所在地
島根県仁多郡奥出雲町上阿井1655

■電話番号
0854-56-0800

■休日
月曜(祝祭日の時は翌日)
冬季(12月上旬〜3月下旬)

■開館時間
9:00〜16:30

■コメント
奥出雲の鉄師であった櫻井家に伝えられた資料を集成した歴史資料館。櫻井家は、大阪夏の陣に始祖塙団右衛門が討死の後、嫡男直胤が母方の姓 「櫻井」を名乗り、広島郊外の可部郷で製鉄業を営み、正保の頃(約340年前)、第3世直重が出雲領上阿井の地に移り、屋号を「可部屋」と呼んで菊一印の銘鉄を創出。その業績が松江藩に認められ、第5世利吉は「鉄師頭取」の要職を拝命し、広く奥出雲のたたら製鉄業を総取り仕切った。長年累代にわたって可部屋櫻井家に伝えられた数々の品は、玉鋼の生産(たたら)にまつわるの歴史そのものである。

■料金
一 般700円(600円)
高大生400円(350円)
小中生300円(250円)
※()内は20名以上の団体



■施設番号
6252
■カーナビマップコード
388 368 578
■関連HP


山陰まちナビTOP
遊悠MAPモバイルTOP
米子まち歩きモバイルTOP
神仏の通ひ路ルート
水辺ルート
施設名一覧で検索
山陰観光ポータル
中海・宍道湖・大山圏域観光連携事業推進協議会