山陰観光ガイド

可部屋集成館


写真

可部屋集成館
■施設名
可部屋集成館/櫻井家住宅・庭園(かべやしゅうせいかん/さくらいけじゅうたく・ていえん)

■所在地
島根県仁多郡奥出雲町上阿井1655

■電話番号
0854-56-0800

■休日
月曜(祝祭日の時は翌日)
冬季(12月上旬〜3月下旬)

■開館時間
9:00〜16:30(入場は16:00まで)

■コメント
「可部屋集成館」は奥出雲の鉄師であった櫻井家に伝わる美術工芸品や「たたら製鉄」資料等を集成した歴史資料館。櫻井家の始祖は、戦国武将塙団右衛門(ばんだんえもん)で大阪夏の陣に団右衛門が討死の後、嫡男直胤が母方の姓 「櫻井」を名乗り、福島正則と共に広島城に入った。福島正則の改易にともない広島郊外の可部郷へ移り、その後、現在の庄原市高野を経由して、1644年に出雲領上阿井呑谷に入った。屋号を「可部屋」とし称し菊一印の銘鉄を創出、鉄師としての成長をとげ、松江藩の「鉄師頭取」として広く奥出雲のたたら製鉄業を取り仕切った。1738年には現在地に拠点を移し、1804年の松江藩第7代藩主松平治郷(不昧)公の御成にあわせ、上の間の増築や庭園の整備を行い現在の姿となり、歴代藩主をはじめ多くの文人墨客をもてなしてきた。(住宅は国の重要文化財、庭園は国の名勝)。櫻井家はたたら製鉄の発展形である「角炉」で1945年までこの地で製鉄を続けた。周囲の景観と共に「国の重要文化的景観」、「日本遺産」の構成文化財となっている。四季折々の景観と共に楽しんでいただきたい。

■料金(可部屋集成館と住宅・庭園)
一 般1000円(900円)
高大生650円(600円)
小中生450円(400円)
※()内は20名以上の団体

※可部屋集成館のみ、住宅・庭園のみの見学も可。


■施設番号
6252
■カーナビマップコード
388 368 578
■関連HP


遊悠MAPモバイルTOP
米子まち歩きモバイルTOP
神仏の通ひ路ルート
水辺ルート
施設名一覧で検索
山陰観光ポータル
中海・宍道湖・大山圏域観光連携事業推進協議会