山陰観光ガイド

日御碕神社(ひのみさきじんじゃ)



日御碕神社
■施設名
日御碕神社(ひのみさきじんじゃ)

■所在地
島根県出雲市大社町日御碕455

■電話番号
0853-54-5261

■コメント
【出雲國神仏霊場第二十番】
島根半島の西端に位置。下の本社(日沈の宮)は村上天皇天暦2年、勅命により天照大御神が祀られ、上の本社(神の宮)は安寧天皇13年、勅命により素盞嗚尊が祀られ、総称して日御碕大神宮とされた。上世以来二十数回の造営すべてが勅命か、将軍命によるものであることからも、御神威の一端がうかがわれる。現在の社殿は、日沈の宮、神の宮ともに徳川三代将軍家光公の命で、日光東照宮建立の翌年、寛永14年より幕府直轄工事として着工され、7年の歳月をかけて竣工。桃山時代の面影を残す精巧な権現造りで、両本殿内部の天井四壁の絵は狩野、土佐両派の画匠による豪壮な趣きのもの。昭和28年、国指定重要文化財とされた。

■料金
境内は自由

■アクセス
・山陰道、出雲ICから18km、約35分
・JR出雲市駅からバスで45分、出雲大社からバスで20分
※駐車場:普通車…神社横に約20台、大型バス…5台


■施設番号
6206
■マップコード
944 030 146
■関連HP


山陰まちナビTOP
遊悠MAPモバイルTOP
米子まち歩きモバイルTOP
神仏の通ひ路ルート
水辺ルート
施設名一覧で検索
山陰観光ポータル
中海・宍道湖・大山圏域観光連携事業推進協議会