山陰観光ガイド

玉造温泉(たまつくりおんせん)



写真
■温泉名
玉造温泉(たまつくりおんせん) 

■所在地
島根県松江市玉湯町玉造

■アクセス
・松江玉造ICより温泉街まですぐ約1分
・鉄道:JR山陰本線玉造温泉駅下車
・バス:JR松江駅から一畑バス玉造温泉行に乗車

■お問い合せ
0852-62-0634
玉造温泉旅館共同組合

■コメント
玉造温泉は、島根県内で最大規模の温泉で、桜並木が続く玉湯川沿いに高級な和風旅館が立ち並ぶ。郷土料理・宍道湖七珍や冬場は松葉ガニが楽しめる。
玉造温泉の歴史は古く、少彦名命の発見と伝えられ、「出雲国風土記」にも登場し、神の湯として知られ、江戸時代には松江藩藩主の静養地となった。
玉造の名の由来は、良質のメノウが産出し、それを用いて勾玉(まがたま)などが作られたことに由来している。温泉街近くに玉作湯神社があり、多数の勾玉や管玉が保管されている。また、玉作神社には願いを叶えると言われる「願い石」があり、人気のパワースポットとなっている。


■遊悠施設番号
5530
■マップコード
163 286 613
■関連HP


山陰まちナビTOP
遊悠MAPモバイルTOP
米子まち歩きモバイルTOP
神仏の通ひ路ルート
水辺ルート
施設名一覧で検索
山陰観光ポータル
中海・宍道湖・大山圏域観光連携事業推進協議会