山陰観光ガイド

山中御殿跡



写真
■施設名
山中御殿跡(さんちゅうごてんあと)

■所在地
島根県安来市広瀬町富田

■アクセス
・歴史資料館前駐車場から徒歩約20分
・JR安来駅から広瀬行き約25分、安来市立病院入口下車、徒歩約25分
※山中御殿下の空き地に駐車できる場合あり

■電話番号
0854-23-3340
安来市商工観光課

■コメント
月山中腹にあり、ふもとの里御殿に対して山中御殿と呼ばれ、城の心臓部と考えられている。月山への3つの登り道が大手門で合流し、その上に山中御殿跡がある。広さは約3000u、山の中にこれだけの平地があったことに驚かされる。上下2段に別れ、上には城主の居館、下には付属の館倉が立っていたとされる。近くに稲荷社跡、四角の井戸、軍用大井戸が残っている。現在は石垣が復元されている。そこから上に20分歩くと山頂の本丸へ。そこから下には、花ノ壇、奥書院平(おくしょいんなり)、山中鹿介の銅像が建つ太鼓壇(たいこだん)、千畳平(せんじょうなり)と続く。


■施設番号
5260
■カーナビマップコード
109 097 213
■関連HP


山陰まちナビTOP
遊悠MAPモバイルTOP
米子まち歩きモバイルTOP
神仏の通ひ路ルート
水辺ルート
施設名一覧で検索
山陰観光ポータル
中海・宍道湖・大山圏域観光連携事業推進協議会