山陰観光ガイド

山中鹿介像



山中鹿介像(やまなかしかのすけぞう)
■施設名
山中鹿介像(やまなかしかのすけぞう)

■所在地
島根県安来市広瀬町富田
歴史資料館前駐車場から徒歩約10分

■電話番号
0854-23-3340
安来市商工観光課

■コメント
月山冨田城跡の太鼓壇に建つ。山中鹿介幸盛は尼子氏の家臣で、毛利元就との戦いで、毛利の勇猛な武士、品川大膳を一騎討ちで仕留めた。永禄9年(1566)毛利元就に尼子が降伏し、鹿介は浪人となるが、尼子の遺児勝久を擁して挙兵し、約10年の間、主家再興に命を懸けたが敗北し、34歳で波乱の生涯を終えた。三日月に向かい「われに七難八苦を与え給え」と祈った。その生き様が人々に感銘を与え、今も語り継がれている。
太鼓壇(たいこのだん)は春は桜で美しい。


■施設番号
5258
■カーナビマップコード
109 096 749
■関連HP


山陰まちナビTOP
遊悠MAPモバイルTOP
米子まち歩きモバイルTOP
神仏の通ひ路ルート
水辺ルート
施設名一覧で検索
山陰観光ポータル
中海・宍道湖・大山圏域観光連携事業推進協議会