山陰観光ガイド

月照寺(げっしょうじ)



月照寺
■施設名
月照寺(げっしょうじ)

■住所
島根県松江市外中原町179

■アクセス
JR松江駅より約10分
※駐車場:あり(普通車30台、大型バス2台)

■電話番号
0852-21-6056

■拝観時間
4月〜10月は8:30〜17:30
11月〜3月は8:30〜17:00
※宝物殿・書院(茶席)は9:00〜17:00

■コメント
【出雲國神仏霊場第五番】
松江藩主松平直政が母、月照院の菩提を弔うために興した寺で、藩主代々の菩提寺になっている。ぶどうの透かし彫りなどが入った廟門が見事。小泉八雲の「怪談」に登場する巨大な石碑を背負った大亀は、夜中に市街を暴れまわったとの伝説があり、また頭をなでると長生きするという言い伝えも。代々の藩主たちが寄進した遺品を展示する宝物館、境内には江戸時代の松江藩のお抱え力士、雷電為右衛門の顕彰碑もある。また3万本の紫陽花が美しく、「あじさい寺」としても知られている。

■料金
大人500円 中高生300円 小学生250円
抹茶席一服400円


■施設番号
5231
■マップコード
163 500 126
■関連HP


山陰まちナビTOP
遊悠MAPモバイルTOP
米子まち歩きモバイルTOP
神仏の通ひ路ルート
水辺ルート
施設名一覧で検索
山陰観光ポータル
中海・宍道湖・大山圏域観光連携事業推進協議会