山陰観光ガイド

佛谷寺



佛谷寺
■施設名
佛谷寺(ぶっこくじ)

■所在地
松江市美保関美保関530

■電話番号
0852-73-0712

■休日
不定期
“お問い合わせください”

■コメント
約1200年前に創建された山陰第二の古刹で、大日堂には国の重要文化財の、5体の仏像が祀られている。昔、この地を巡錫した行基菩薩が、諸人に災いをもたらす海中の三火を封じて仏像を彫作し、一堂を建立、竜海山三明院とされたのが開基。その後、弘法大師が七堂伽藍を建立し真言宗となり、順慶上人の時、浄土宗となった。永禄・天正年間に兵火に遭い、七堂すべて焼失するが、諸仏は幸に難を避けたものである。航海安全の守本尊であり、また八百屋お七の恋人・小姓吉三(西運)の墓があることから、火難除けの祈願者も多く訪れている。隠岐へ流された後鳥羽上皇、後醍醐天皇の風待ちの行在所(あんざいしょ)ともなった。

■料金
境内は無料
大日堂は9:00〜18:00
拝観料/個人300円(団体200円)


■施設番号
5202
■カーナビマップコード
109 832 161
■関連HP


山陰まちナビTOP
遊悠MAPモバイルTOP
米子まち歩きモバイルTOP
神仏の通ひ路ルート
水辺ルート
施設名一覧で検索
山陰観光ポータル
中海・宍道湖・大山圏域観光連携事業推進協議会