山陰観光ガイド

美保関灯台



美保関灯台
■施設名
美保関灯台(みほのせきとうだい)

■所在地
島根県松江市美保関町地蔵崎

■アクセス
・山陰本線松江駅から車で約60分
・JR松江駅から一畑バス(美保関ターミナル行き)で約40分、終点で美保関コミュニティバス美保関線乗り換え約30分、美保神社入口下車、タクシーで約5分、徒歩約20分

■電話番号
0852-72-2811
松江観光協会美保関町支部

■休日
年末年始
木曜日(灯台ビュッフェ)

■営業時間
9〜6月 9:00〜16:00
7〜8月 9:00〜17:00(灯台ビュッフェ)

■コメント
島根半島の東端、地蔵崎の先端に建つ、白色塔形の石造灯台。1898年(明治31)、日本人技師が設計、片江の石工・寺本常太郎が施工し初点灯した。高さ14m、水面からの高さは83m。赤い屋根の旧退息所(灯台守の宿舎)はビュッフェ(レストラン)として改装されており、中には灯台で使用されていた第一等大型クレネルレンズが展示されている。日本海を見渡す大パノラマは感動的で、晴れていれば隠岐島も見える。朝日の風景も秀逸。「世界灯台100選」「日本の灯台50選」にも選ばれ、現役の灯台として唯一登録有形文化財に登録されている。

■料金
入場無料(灯台内は行事を除き立入禁止)
無料駐車場完備


■施設番号
5201
■マップコード
109 616 275*57
■関連HP


山陰まちナビTOP
遊悠MAPモバイルTOP
米子まち歩きモバイルTOP
神仏の通ひ路ルート
水辺ルート
施設名一覧で検索
山陰観光ポータル
中海・宍道湖・大山圏域観光連携事業推進協議会