山陰観光ガイド

十神山(とかみやま)



写真
■名称
十神山(とかみやま)

■所在地
島根県安来市安来町

■コメント
安来港の防波堤となるような形で中海に突き出してそびえる、美しい三角形の山(標高92m)。「安来千軒名の出たところ、社日桜に十神山」と安来節にも唄われ、昔から安来のシンボルとして親しまれて来た。麓にはキャンプ場やログハウス風の水鳥観察ハウス、総延長3.5kmの山を一周する遊歩道や山頂への道が整備された「なぎさ公園」がある。また桜の名所ともなっている。

<由来>
十神山はとかみやまと読み、『出雲風土記』では研神(とがみ)山と呼ばれ十柱の神々をまつったことからその名が由来するといわれています。


■施設番号
5025
■カーナビマップコード
■関連HP


山陰まちナビTOP
遊悠MAPモバイルTOP
米子まち歩きモバイルTOP
神仏の通ひ路ルート
水辺ルート
施設名一覧で検索
山陰観光ポータル
中海・宍道湖・大山圏域観光連携事業推進協議会