山陰観光ガイド

加賀の潜戸(かがのくけど)



加賀の潜戸
■施設名
加賀の潜戸(かがのくけど)

■所在地
島根県松江市島根町加賀

■アクセス
JR松江駅より車で約30分
※駐車場:あり

■電話番号
0852-85-9111加賀潜戸観光遊覧船

■営業期間
4月1日〜10月31日遊覧船

■コメント
松江市の北、島根町の加賀の潜戸は、波が断崖を侵食してできた、岬の突端を東西北の三方に貫通する洞門で、新旧二つがある。新潜戸は東出雲の祖神とされる佐太大神(さだのおおかみ)誕生の時に母神が金の弓矢を射通して出来たと「出雲国風土記」に記される幅10〜20m、高さ20〜30m、全長200mの海中洞窟で、自然の造形に圧倒される。観光グラスボートで潜り抜けて遊覧できる。旧潜戸は新潜戸ほど大きくはなく、奥行き50mほど。こちらは亡くなった子供を供養する賽の河原で、ボートを船着き場に着けて徒歩で中に入る。観光船は加賀港(マリンプラザしまね)から出航。所要時間は約50分。

■料金
遊覧船
大人1200円(1000円)
子供(小学生)600円(500円)
( )内は団体20名以上の料金


■施設番号
5015
■カーナビマップコード
163 832 366
■関連HP


山陰まちナビTOP
遊悠MAPモバイルTOP
米子まち歩きモバイルTOP
神仏の通ひ路ルート
水辺ルート
施設名一覧で検索
山陰観光ポータル
中海・宍道湖・大山圏域観光連携事業推進協議会