山陰観光ガイド

安来市



■施設名
安来市(やすぎし)

■所在地
島根県安来市

■電話番号
0854-23-7667
安来市観光協会 (観光交流プラザ内)

■コメント
島根県の東端に位置し、中海に注ぐ飯梨川伯太川の流域に開けた能義平野と、その上流の広瀬伯太から成る。広瀬月山は尼子一族の興亡の跡を残す町。江戸〜明治初期、たたら製鉄が盛んだった最盛期には広瀬には10万人が居住したと言われ、安来は鉄の積出港として栄え、現在もヤスギハガネの産地として世界に知られている。民謡「安来節」のどじょう掬い踊りは、川で砂鉄を採る所作を表すものとも言われる。その歴史を網羅ししているのが和鋼博物館

飯梨川中流には、白鷺が足の傷を癒したという鷺の湯温泉があり、横山大観を主とする日本画のコレクションと、アメリカの専門誌で高い評価を得ている日本庭園を擁する足立美術館、安来節の殿堂・安来節演芸館、旅館や日帰り温泉施設等がある。

天台宗の古刹「清水寺」や雲樹寺、伝統のまつり
チューリップの里、伯太
冬にはコハクチョウが飛来する白鳥ロード
広瀬絣、刀鍛冶、武者絵五月織

■シンボル
市の木:竹
市の花:さくら
市の鳥:白鳥
市の魚:どじょう


■施設番号
5002
■カーナビマップコード
■関連HP


山陰まちナビTOP
遊悠MAPモバイルTOP
米子まち歩きモバイルTOP
神仏の通ひ路ルート
水辺ルート
施設名一覧で検索
山陰観光ポータル
中海・宍道湖・大山圏域観光連携事業推進協議会