山陰観光ガイド

奥津温泉



■施設名
奥津温泉(おくつおんせん)

■所在地
岡山県苫田郡鏡野町

■アクセス
・姫新線、津山線津山駅(津山中鉄バスセンター)-中鉄北部バス(奥津温泉・石越行き)で約50分
・山陰本線倉吉駅より高速バス「ビッグバード号」(神戸・大阪行き)で約45分-上齋原振興センター前で中鉄バス(津山行き)に乗り換え約15分(この場合は予約不要。)

■電話番号
0868-52-0610奥津温泉観光協会

■コメント
美作三湯の一つ、美人の湯として名高い奥津温泉は、江戸時代には津山藩の湯治場として使われていた歴史を持つ温泉です。吉井川沿いに広がる温泉街には、露天風呂や大浴場、花風呂完備の日帰り温泉施設「花美人の湯」(入浴料:大人900円・小人400円)のほか9軒の温泉旅館が立ち並び、入浴手形を購入すると、内湯のある6施設のうちの3箇所の温泉が楽しめるという湯めぐりの旅も人気です。また奥津温泉のシンボルとして有名な「足踏み洗濯」の風習は、その昔熊や狼を見張りながら温泉で洗濯をしていた名残で、現在は3月下旬〜12月上旬の日曜日・祝日、朝八時半から約15分の間観光用として実演が行われています。

■料金
<入浴手形>
木製1300円、紙製1100円
*奥津温泉観光協会、及び河鹿園・奥津荘・湯宿西西・東和楼・花美人の里・大釣温泉で購入、使用可能です。


■遊悠施設番号
41577
■マップコード
544 185 354
■関連HP


山陰まちナビTOP
遊悠MAPモバイルTOP
米子まち歩きモバイルTOP
神仏の通ひ路ルート
水辺ルート
施設名一覧で検索
山陰観光ポータル
中海・宍道湖・大山圏域観光連携事業推進協議会