山陰観光ガイド

後醍醐天皇御腰掛の岩



写真
■施設名
後醍醐天皇御腰掛の岩

■所在地
鳥取県西伯郡大山町御来屋
御来屋漁港

■電話番号
0859-53-3110
大山町観光商工課

■コメント
隠岐の島から脱出した後醍醐天皇が腰掛けたと伝えられる岩が、御来屋漁港にあります。上陸後、天皇は名和長年を従えて船上山に上り、幕府軍と戦って勝利を納めます。そして、建武の新政へと時は進みます。
御腰掛岩の隣には後醍醐天皇の御製「忘れめや よるべもなみの荒磯を 御舟の上にとめし心を」の歌碑があります。


■遊悠施設番号
3333
■マップコード
793 044 049
■関連HP


山陰まちナビTOP
遊悠MAPモバイルTOP
米子まち歩きモバイルTOP
神仏の通ひ路ルート
水辺ルート
施設名一覧で検索
山陰観光ポータル
中海・宍道湖・大山圏域観光連携事業推進協議会