山陰観光ガイド

深浦神社(祇園社・愛宕社)



深浦神社(祇園社・愛宕社)
祇園社と山の裏手の愛宕社の二つの社から成る深浦神社。祇園社は京都の八坂神社を本社としますが、明治5年に勝田神社の末社とされ、さらに大正5年に愛宕社と合祀され、深浦神社>となりました。祇園社は牛頭天王や素戔嗚尊を祭神として疫病を防ぎ、また水辺を守る神として信じられ、一方愛宕社は火除けの神と信じられています。



■施設番号
3282
■カーナビマップコード
■関連HP


山陰まちナビTOP
遊悠MAPモバイルTOP
米子まち歩きモバイルTOP
神仏の通ひ路ルート
水辺ルート
施設名一覧で検索
山陰観光ポータル
中海・宍道湖・大山圏域観光連携事業推進協議会