山陰観光ガイド

大山寺(本堂)



大山寺本堂
■施設名
大山寺本堂(だいせんじほんどう)

■所在地
鳥取県西伯郡大山町大山9

■電話番号
0859-52-2158

■拝観
期間…参拝は無休/霊宝閣は12/1〜3/31の間休館
時間…9:00〜16:00
志納金…大人300円・小人200円(団体20名様以上割引有)

■コメント
【出雲國神仏霊場第十番】
養老2年(718)、金蓮上人の開基とされる天台宗の古刹。古来から山岳仏教の修験場として栄え、室町時代には3院・180坊・僧兵3000人を誇る一大勢力として、比叡山、吉野山、高野山と肩を並べていたとされる。明治初年の廃仏毀釈によって数多くあった寺も壊され、、多くの僧が四散し衰退したが、明治18年、諸国の信徒の浄財と欅の大木の寄進により、九年の工事を経て本堂が竣工された。昭和3年に一度焼失し、昭和26年に再建された。現在、4つの参拝堂と10の支院を残す。


■アクセス
(車)米子道米子ICより県道24号線(大山観光道路)経由、博労座駐車場まで約15分。大山寺参道を徒歩約15分
(バス)JR米子駅から日交バス大山寺行でバス停大山寺下車(約50分)、大山寺参道を徒歩約15分

※駐車場
大山寺へは大山駐車場(スキーシーズンを除き無料)から参道を徒歩約15分。冬は積雪のため参拝できないことも。


■施設番号
3253
■マップコード
252 528 023
■関連HP


山陰まちナビTOP
遊悠MAPモバイルTOP
米子まち歩きモバイルTOP
神仏の通ひ路ルート
水辺ルート
施設名一覧で検索
山陰観光ポータル
中海・宍道湖・大山圏域観光連携事業推進協議会