山陰観光ガイド

門脇家住宅(重要文化財)



門脇家住宅(重要文化財)
■施設名
門脇家住宅(重要文化財)

■所在地
鳥取県西伯郡大山町所子360

■アクセス
(車)山陰道大山ICを海側へ、大山中学校前交差点を右折約5分
(電車)JR山陰本線大山口駅から徒歩約10分

■電話番号
0859-54-5212大山町教育委員会社会教育課
0859-53-4062門脇家住宅

■コメント
JR山陰本線、大山口駅から南に約1kmのところにある、江戸時代には大庄屋を勤めた屋敷。山陰地方の民家建築を代表する寄棟造茅葺の大型家屋で、主屋は明和6年(1769)建築のもの。太い梁が高く組み上げられた豪壮な架構は他に類例がなく、庭園と調和した雪隠や茶室の様は大庄屋としての格式を表している。主屋の他に水車小屋や米蔵などの附属建物があり、広大な屋敷構えを今に伝えている。

■公開
例年、春・秋に公開
※詳しくはお問い合わせください。

■公開時間
9:00〜16:00

■入場料
大人  500円(400円)(20名以上) 
高校生 300円 
小中学生200円



■施設番号
3229
■カーナビマップコード
252 821 458
■関連HP


山陰まちナビTOP
遊悠MAPモバイルTOP
米子まち歩きモバイルTOP
神仏の通ひ路ルート
水辺ルート
施設名一覧で検索
山陰観光ポータル
中海・宍道湖・大山圏域観光連携事業推進協議会