山陰観光ガイド

大山(だいせん)



大山(だいせん)
■名称
大山

■コメント
標高1709m(弥山)の中国地方最高峰。出雲風土記の国引き神話で「火神岳」と記され、杭として縄を引っ掛けて島根半島を引き寄せたとあり、また大山寺を中心に山岳宗教の修験道場としての歴史を持つ。「伯耆富士」とも呼ばれ、西側からはなだらかな裾野をひいた美しい姿が、北・南側からは荒々しいアルペン的景観を見せる。山頂付近にはダイセンキャラボクが群生し、中腹には西日本一の面積のブナの原生林が広がる。大山隠岐国立公園に指定されている。登山家深田久弥氏選出の日本百名山の一つ、NHKの番組「日本の名山」の投票では全国3位になった。

■動植物
<植物>
ブナ(天然林)、ミズナラ、シデ
<動物>
イヌワシ、クマタカ、ヤマネ


■施設番号
3011
■カーナビマップコード
■関連HP


山陰まちナビTOP
遊悠MAPモバイルTOP
米子まち歩きモバイルTOP
神仏の通ひ路ルート
水辺ルート
施設名一覧で検索
山陰観光ポータル
中海・宍道湖・大山圏域観光連携事業推進協議会