山陰観光ガイド

北栄町(ほくえいちょう)



■施設名
北栄町(ほくえいちょう)

■所在地
東伯郡北栄町

■電話番号
0858-37-3111/大栄庁舎
0858-36-5874/北条庁舎
0858-37-5874
(北栄町観光協会)

■コメント
鳥取県の中央部に位置し、2005年に北条町と大栄町が合併して誕生した。東西約7q、南北約11qの大きさで、西に中国地方最高峰の大山を臨み、 北には日本海を臨んで白砂青松の海岸が続いている。砂丘地農業が盛んで、西瓜は特に有名。その他メロンやブドウなどが栽培されている。由良宿は古くは鳥取藩の米の集積地であり、また幕末の頃は海防のための大砲を作る反射炉が設けられた町で、国道9号沿いには大規模な台場跡を残している。近年では、漫画『名探偵コナン』で知られる漫画家、青山剛昌氏の出身地であることから「コナンの里構想」での町おこしがなされ、07年春に「青山剛昌ふるさと館」が開館し、話題となっている。

■町のシンボル
町の木「黒松(クロマツ)」:町の砂丘地域では、防風・防砂の役割を果たし、生活や農業を守り続けている。
町の花「浜昼顔(ハマヒルガオ)」:北栄の砂丘地に自生する代表的な海浜植物で、花言葉は「絆」。
町の鳥「鶯(ウグイス)」:別名「春告鳥」と言われ、春を呼び込む鳥として町民に親しまれている。

地勢(北栄町公式HPにジャンプします)
北は日本海に面し白砂青松の景色が広がる砂丘地帯があり、南には黒ぼく畑の丘陵地帯が広がる。町の約4割をブドウ、葉タバコなどが栽培される砂丘地が占め、約3割が水田地帯が占める平坦な土地。特産長いも、ラッキョウ、南の丘陵地帯では全国ブランドの大栄スイカなどが生産されるなど、県内でも有数の農業の町。海岸沿いには風車が立ち並び、循環型社会のシンボルとなっている。



■施設番号
2002
■カーナビマップコード
■関連HP


山陰まちナビTOP
遊悠MAPモバイルTOP
米子まち歩きモバイルTOP
神仏の通ひ路ルート
水辺ルート
施設名一覧で検索
山陰観光ポータル
中海・宍道湖・大山圏域観光連携事業推進協議会