山陰観光ガイド

山中鹿介の墓



写真
■施設名
山中鹿介の墓

■所在地
鳥取市鹿野町鹿野1306 幸盛寺内

■電話番号
0857-84-2099鹿野町総合支所 産業建設課

■コメント
通称・鹿介の名で知られる山中幸盛(1545〜1578)は出雲国能義郡(現島根県安来市広瀬町)に生まれ、富田城(とだじょう)・尼子氏の家臣として数々の武勇伝を残し、「山陰の麒麟児」の異名を取った戦国時代の武将です。16歳の時に、山名氏との戦いで毛利軍の猛将・菊池音八を一騎打ちで討ち取り名を上げ、その後も尼子氏の再興に尽くしましたが、1578年(天正6)に毛利軍に敗れ、安芸国に護送される途中で非業の死を遂げました。鹿介の死から30年後、鹿介の義弟であった鹿野城主・亀井茲矩が慰霊のために寺を移転し、新たに幸盛寺(こうせいじ)として建立しました。境内には樹齢400年、高さ34mの大イチョウがあり、その大イチョウの下に鹿之介の墓碑があります。


■遊悠施設番号
1225
■マップコード
345 472 118
■関連HP


山陰まちナビTOP
遊悠MAPモバイルTOP
米子まち歩きモバイルTOP
神仏の通ひ路ルート
水辺ルート
施設名一覧で検索
山陰観光ポータル
中海・宍道湖・大山圏域観光連携事業推進協議会