山陰観光ガイド

山陰海岸ジオパーク



■名称
山陰海岸ジオパーク

■エリア
鳥取市の白兎海岸〜京都府京丹後市の経ヶ岬

■コメント
山陰海岸ジオパークは、鳥取砂丘、浦富海岸を含む山陰海岸国立公園を中心とした、鳥取県から京都府までの東西約110kmのエリアで、日本海形成から現在に至る多様な地質や地形が存在し、それらを自然背景とした文化・歴史を体験・学習できる地域です。
地殻変動によって形成されたリアス式海岸や砂丘をはじめとする多彩な海岸地形など、まさに「地形・地質の博物館」と言えます。
平成20年12月、日本ジオパーク委員会から「日本ジオパーク」として認定を受け、更には平成22年に世界ジオパークネットワークへの加盟が認定されました。

■問い合せ
0857-20-3036
鳥取砂丘・ジオパーク推進課
0796-26-3783
山陰海岸ジオパーク推進協議会事務局

■ジオパークって?
地球科学的に見て重要な自然遺産を含む、自然に親しむための公園。地球科学的に見て重要な特徴を複数持ち、遺産を有機的に結びつけて保全や教育、ツーリズムに利用しながら地域の持続的な経済発展を目指す仕組み。日本ジオパーク委員会では「大地の公園」という言葉を使っている。


■遊悠施設番号
1050
■マップコード
■関連HP


山陰まちナビTOP
遊悠MAPモバイルTOP
米子まち歩きモバイルTOP
神仏の通ひ路ルート
水辺ルート
施設名一覧で検索
山陰観光ポータル
中海・宍道湖・大山圏域観光連携事業推進協議会