山陰観光ガイド

白兎海岸(はくとかいがん)



写真
■施設名
白兎海岸(はくとかいがん)

■所在地
鳥取県鳥取市白兎

■アクセス
・中国自動車道「佐用JCT」-鳥取自動車道「鳥取IC」-鳥取ICから車で約15分、佐用JCTから車で約90分
・JR鳥取駅から日ノ丸バス「鹿野行き」で約40分-白兎神社前下車すぐ。

■電話番号
0857-22-3318鳥取市観光協会

■コメント
白砂の浜が続く弓なりの美しい海岸で、日本の渚百選にも選ばれています。出雲神話の一つである「因幡の白兎」伝説の舞台として知られており、気多前(けたのさき)と白兎が渡ったとされる淤岐ノ島(おきのしま)の間には、黒い岩礁がまるでワニ(サメ)の背中のように並んで映ります。白兎海岸は天然記念物であるハマナスの自生南限地でもあり、春にはハマナスの群生がピンクに色づきます。また水の綺麗な浜として知られており、シーズンには多くの海水浴客やサーファーで賑わいます。国道沿いには童謡「大黒さま」の歌碑があり、近くには「因幡の白兎」を祀った白兎神社があります。


■遊悠施設番号
1016
■マップコード
345 689 603
■関連HP


山陰まちナビTOP
遊悠MAPモバイルTOP
米子まち歩きモバイルTOP
神仏の通ひ路ルート
水辺ルート
施設名一覧で検索
山陰観光ポータル
中海・宍道湖・大山圏域観光連携事業推進協議会